画期的な原子力発電プロジェクトにおいて革新的溶接技術が生産性を劇的に向上させる

イギリスのケンブリッジ・バキューム・エンジニアリング (CVE) 社が開発したローカル型真空電子ビーム溶接技術の新型モデルが発電産業の技術革新を支援しています。EB ManPower プロジェクトは、CVEU-BatteryCammell LairdTWI が共同で取り組む事業です。

 

大規模な原子炉は大きな設備投資を必要とし、原子力施設のインフラに大きく依存しています。そのため、特に開発途上国や主要送電網か&#12 425;遠い地域にとっては、より小規模な原子炉の開発が課題となってきました。現在開発中の超小型モジュール炉は経済的に見ても、また産業 や環境の面からも好機を提供するものであり、「エネルギーのトリレンマ」(低炭素、安全、経済的なエネルギー)として知られる解決策&#12 398;実行に貢献し、低炭素エコノミーを可能にします。

 

世界中の電気の79 %は熱処理によって作られています。つまり、世界の電力供給の62%以上は従来の発電所が担い、残りの 17%が核分裂工程による発電であり、この数字はさらに上昇することが予想されています( 2015年、IEA) 。発電所で使用される「厚い断面」を持つ鋼構造物への需要は既に大きく、今後も拡大していきます。こうした厚断面構造物を費用対効果&#12 398;高い方法で組み立てる能力には、一部は溶接時間やかかるコストによる限界があるとされています。たとえば、典型的な 40メートル長のモノパイル (厚さ60ミリ ) では、「アーク稼働」溶接時間は6000時間以上にも及ぶことがあります。

 

そのため、コストを削減するには、製造にかかる時間を大幅に短縮する必要があるのです。CVE 社は「 EBFlow」を開発しました。高い生産性を可能にする電子ビーム溶接 (Electron Beam Welding) は溶接にかかる時間を200時間以下に短縮できます。これは、 85%を超える費用の削減に匹敵します。150万ポンドを投資して2021 年完成が予定される EBManPowerプロジェクトでは、大規模組立施設内 ( イギリス、バーケンヘッド所在で初めてEBFlow システムの実施と認証が行われます。その目的は、大規模な発電施設を費用対効果に優れた方法で建設することです。

 

このプロジェクトの要として注力されているのは、原子力施設や海上風力施設の両方に適用できる「厚い断面」を持つ鋼構造物のコスト削&#28 187;です。EBManPowerプロジェクトではCVE社の画期的な EBFlow システムを活用してイノベーションを起こし、実例を示し、市場に最も近い結果を出すでしょう。現実世界の環境で認証を受けることが、&#26 368;終的な目標です。

 

ケンブリッジ・バキューム・エンジニアリングの代表取締役 ボブ・ニコルソンは、このプロジェクトについて次のように発言しました:「すべての研究開発をイギリスで行った弊社の革新的な EBFlow 技術は、重工業エンジニアリングの業界全体で組立工程の生産性を飛躍的に向上させるでしょう。多くの場合、溶接スピードは従来の方法&#12 392;比べて30倍速くなります。」

 

   

ケンブリッジ・バキューム・エンジニアリングの会社概要

 

ケンブリッジ・バキューム・エンジニアリング (CVE) は生産工程ソリューションの設計・製造会社です。電子ビーム(EB) システムおよび真空炉 (VF) 製造においては60年の経験を持ち、本社はイギリス ケンブリッジに置いています。CVEは、最高100 Wまでのビーム出力を持つ50200kV のシステムなど、幅広い設備の商品をご提供しています。

 

 

 

EBFlow 技術についての詳細な情報は次のページをご覧ください - www.ebflow.com

EBFlow のメーカーについての詳細な情報は次のページをご覧ください - http://www.camvaceng.com/

 

共同事業パートナー

製造提携会社 Cammell Laird についての詳細情報 - https://www.clbh.co.uk/ U battery の詳細情報https://www.u-battery.com/

TWI の詳細情報 - https://www.twi-global.com/

Innovate UK は、イギリス政府のイノベーション担当機関です。この組織は、イギリス経済を発展させる科学技術イノベーションを発見し、実現させる&#12 383;め、人、企業、パートナー組織と協働しています。詳しい情報については次のサイトをご参照ください - www.innovateuk.gov.uk