スイスの映画プロジェクトが資金調達の記録を更新、クラウドインベストメントの未来を示す

スイス - 2021年4月8日 -- スイスのスイスプロイテーションフィルム(Swissploitation Films)社は、ブロックチェーンで保護されたプラットフォームを介して、投資家が映画の収益に直接参加できる画期的なクラウドインベストメントモデルで注目を集めました。

 

1

 

「マッドハイジ」と題された映画プロジェクトのティーザーが1人しかないにもかかわらず、18カ国から296人もの人々が、この数ヶ月で100万スイスフラン以上を投資しています。

 

スイスで生まれたイノベーション

 

このプロジェクトの出資者は「マッドインベスター」(狂信的投資家)と呼ばれ、500スイスフランで売上の一部を受け取るだけでなく、映画の制作過程を独占的に見ることができ、出資額に応じて映画の中で小さな役を演じるなど、さまざまな特典を受けることができます。

 

投資の金銭的な部分も革新的です。スマート契約とブロックチェーン技術により、投資は安全に登録され、支払いは透明かつリアルタイムで適切な狂信的投資家に割り当てられます。これにより時間のかかる管理作業が不要になり、投資家は自分の参加が正しく請求していることを確認できます。このシステムは、ロンドンのフィルムチェイン(FilmChain)社と共同で開発されたもので、将来的にクリエイティブなコンテンツに資金を供給する方法を示しています。

 

ディズニーと同じ成功を収めるために...

 

「マッドハイジ」のブランドを確立するために、メーカーは早くからグッズ販売を開始しました。その結果、現在までに15万ユーロという驚異的な金額が集まりました。これは、ディズニー作品としては特別なことではありませんが、スイスの映画プロジェクトとしては、かなりの騒動になっています。

 

マッドハイジのクラウドファンディングは、スイスではあらゆる記録を更新しており、国際的にもこれを達成したプロジェクトはほとんどありません。映画は今年の秋に撮影され、2022年に公開される予定です。

 

... そして、Netflixのようにスマートに

 

マッドハイジは、独自のプラットフォームmadheidi.comで、配信や貸し出しを行わずに、グローバルにデジタル出版されています。これは映画が主にインターネットを介して消費されるようになった現在、トレンドを先取りしたものです。クリエイターが自分たちでNetflixを作っているようなものですから、投資家の収入も増えますし、海賊版も減ります。

 

これを実現するためには、制作期間中に世界中のファンが集まり、それが頭脳集団やマーケティングの担い手となります。すでに46カ国、4万人以上の人々がこのプロジェクトをフォローしています。この映画が英語で撮影されていることも、グローバルな主張を強調しています。

 

この映画は、パラダイスワー(Paradise War)のプロデューサーヴァレンティン・グリュータートと、クラウドファンディングの先駆者テロ・カウコマア(アイロンスカイ)によって制作されています。ヨハネス・ハルトマン(「ハーフスリープ」)が監督を務めています。

 

この映画はどのような内容なのでしょうか?

 

チーズ王のファシズム支配下に置かれたディストピアのスイスで、ハイジは山の中で素朴な若い女性として暮らしています。祖父のアルポイは、孫娘を世間の悪い影響から全力で守っていましたが、やがて彼女の個人的な自由への憧れが革命を引き起こします。天真爛漫な少女は、チーズのファシストを倒す野生の戦士となる。ティーザー映像はこちら: https://madheidi.com/

 

このプロジェクトのウェブサイト:

 

https://madheidi.com

 

https://madinvest.co

 

ソーシャルメディア・チャンネル:

 

https://www.facebook.com/madheidimovie

 

https://twitter.com/madheidimovie

 

https://www.instagram.com/madheidimovie/