AuditchainTM、ブロックチェーンベースの保証および財務報告プラットフォームの発売を計画

 Auditchainは、企業の保証、報告、開示のための世界初の分散型継続監査&報告プロトコルエコシステムを開発中です。 同社のブロックチェーン、会計、保証担当チームにとって、一般的な財務報告慣行を一段階上のレベルに引き上げることが目標となります。

Auditchainは、リスクを削減し、今日の電子環境における監査証跡を再構築することを目指しています。監査基準委員会が実施した調査では、監査または証明のリスクの原因として、すべての企業の取引が電子的に行われ、書面での証跡がない電子環境における監査が第二位と報告されました。

このブロックチェーンベースの技術プラットフォームは、ストリーミング財務諸表(Streaming Financial Statements™)、リアルタイムの監査意見、および株主向けのレポートおよび関連分析を初めて継続的に作成し、従来の報告方法を改善する可能性を秘めています。

規制当局は現在、継続的な保証やストリーミング財務諸表を要求していません。しかし、Auditchain™テクノロジーは、財務報告の透明性、データ標準化およびアカウンタビリティの新しい基準を提案するだけでなく、セキュリティの向上、リスク管理の大幅な強化、および株主に対するより大きな保証を目標としています。

Auditchainは、著名な投資銀行業務とベンチャーキャピタルの経験を持つ起業家ジェイソン・マイヤーズによって設立されました。同社のチーフサイエンティスト、スチュアート・ハーバー博士は現在Blockchainと呼ばれるデータ構造を共同開発し、同社の保証責任者でXBRLアーキテクチャーのエリック・E・コーエンは、XBRL(世界的規制報告基準)の共同設立者の1人です。組織基準開発・広報担当ディレクターのトゥラジ・エブラヒミ教授は、セキュリティを含むデジタルメディアの有名な専門家であり、標準化団体の主導的存在であり、そしてJPEGの開催者です。

マイヤーズ氏は「このプロトコルは、100%人口テストとして知られるプロセスである監査中のすべての取引の審査を可能にするだけでなく、取引が発生した時点で証明書の完全なセットを作成することによって外部監査をより潤滑に行うことができるという、先例のないプロセスであることを保証しています」と発表しました。

さらにマイヤーズ氏は「監査人がネットワークを導入することで、保証業界での独立性が高まり、業務効率が向上し、分散型企業の保証のための監査人の選択肢が広がり、大規模な監査会社が他のコンサルティング分野に集中できるようになります」と加えました。

スチュアート・ハーバー博士はプロジェクトの議論において、「ビジネス記録の完全性を確保することが、1990年にスコット・ストーネッタ氏との初期の仕事の目的であり、Auditchain™は、初期の段階からあった元々のビジョンの完成を表すものである」と述べています。

エリック・コーエン氏は、「このプロジェクトは、保証業界向けの私のビジョンを完成させる役割を果たす、公開され、透明、そして標準化された暗号的にサポートされたシームレスな監査証跡の実現である」と述べました。

Auditchainの経済はAUDTトークンによって強化されます。標準化された保証レベルを提供することにより、監査人にはAUDT報酬が支払われます。保証のプレミアムレベルは、エンゲージメント契約のライブラリを介して企業ユーザーが請求・支払いが行われます。

消費者は、ストリーミング財務諸表、監査分析、セクター・ベースの分析およびマクロ経済報告からなるより詳細な会員サービスにAUDTトークンを使用します。企業は計算力をネットワークに還元することができ、ネット保証とコンプライアンスコストの大幅な削減が可能になります。

投資、会計、監査、法務および財務報告コミュニティ会員の非営利団体であるDCARPE™ Allianceは、今秋に初めての本会議での会合を計画しています。

この会合では、DCARPE™ プロトコルの採用が期待されます。予定された会議は、公認会計士、ソフトウェアソリューションプロバイダー、監査および報告サプライチェーンのメンバーの参加や、Auditchain™ネットワーク上のサービスプロバイダーになることを求めています。関心のある方は、www.dcarpe.org/joinにアクセスしてアライアンスの会員資格を申請することができます。

Auditchainは、早期導入者が将来の利便性と使用のためにAUDTトークンを購入するためのプライベートセール*を実施しています。同社は今後2ヶ月以内にトークン生成イベントを実施し、AUDTトークンを保有する早期長期雇用者のためにデザインされた固有のエアドロップが提供されます。(この時点で唯一のエアドロップ)

250,000,000 AUDT は当初、イーサリアムネットワーク上でローンチされます。 Auditchain™は、トークン生成イベントの後に合計42,685,996 AUDTまでエアドロップします。 エアドロップは、AUDT保有者に報酬をもたらし、移動・販売されず、 HODLの証明」エアドロップと呼ばれています(HODLは「一生懸命頑張ろう」を意味する「Hold on for dear life」の略語で、後に仮想通貨空間で使われるようになったものです)。
 

AuditchainTelegramチャットグループで急速に成長しているコミュニティです。 トークン生成イベントとエアドロップ、そしてこのエキサイティングで画期的なプロジェクトに関する最新のニュースや開発などについていち早く情報を入手したい方なら、誰でも参加することができます。

*利用規約が適用されます。 詳細はウェブサイトを参照してください。

 

関連メディア・画像のダウンロード: www.auditchain.com/media
Auditchainは、企業の保証と開示のための世界初の分散型継続監査&報告プロトコルエコシステムです。 Auditchainが開発する公認のブロックチェーンエコシステムでは、CPAと公認会計士が企業のデータセットを継続的かつリアルタイムに検証します。DCARPETMエクスプローラは、ストリーミング財務諸表とAUDT 分析をリアルタイムで登録者にレンダリングするパブリックブロックエクスプローラです。

 

Auditchain 、投資、会計、監査、企業、法律、規制および財務報告コミュニティのメンバーで構成されているDCARPE™ Allianceの創設メンバーです。 DCARPE™Allianceは、Auditchainの規制、導入、拡張などの面でリーダーシップを発揮するように結成されました。DCARPE™Allianceはイベントやシンポジウムを開催し、投資、企業、規制コミュニティにAuditchainブロックチェーンを使用した継続的監査とストリーミング財務諸表の利点についての情報を提供します。


ウェブサイト:          https://auditchain.com/
ホワイトペーパー: https://auditchain.com/Auditchain-Whitepaper.pdf
Twitter:                       https://twitter.com/AuditChain
Telegram:                   https://t.me/joinchat/FhX6ikmW8NavlabJoMHhIA
LinkedIn:                    https://www.linkedin.com/company/25173195/
Facebook:                  https://www.facebook.com/AuditChain/
Medium:                    https://medium.com/@AuditChain

Youtube:                    https://www.youtube.com/channel/UC7NlWkYBlsPRZ26e8e2-yKw