ワールドボックス、より多くのアジア諸国をグローバル・カンパニー・データベースへ追加

ビジネス・インテリジェンスのプロバイダー・ワールドボックス社の会社情報ディレクトリーに2カ国の商業登記が追加更新されました。

ワールドボックスのグローバル・カンパニー・データベースにフィリピンから4万、台湾から8万企業の商業登記が新規追加されました。

 

フィリピンの Credit Information Bureau Inc (CIBI)や台湾の China Credit Information Services Ltd (CCIS)という AsiaGate (アジアゲイト)パートナーと共に、 ワールドボックスT は顧客に自社製API サービスを通して標準XML データ構造を提供できるようになりました。これにより、これらの国々における詳細にわたった企業情報が利用できるようになります。

XML 構造により世界中すべての国の詳細にわたる企業情報を提供

これにより、すべての国際企業の企業データ単一XML マッピング・スキーマ/ゲートウェイを低コストで構築することが可能となり、競合他社、サプライヤーやバイヤーなどについての信頼で 365;る情報を手間をかけずに収集することができるようになります。

顧客の要求を満たすため、ワールドボックスは構造化されたデータ更新を  API を通じて顧客が使用するシステムに追加できるよう、常に企業情報を調査しています。これにより 包括的ポートフォリオ管理 として、SAP や企業独自の社内データベースなどのサードパーティー企業ソフトウェアにデータをインポートすることが可能になります。

会社の所有権リンクのような重要な要員は定期的に研究され、顧客はこれらのデータ要素を監視することができます。これらのサービスは 289;このような情報が今日多くの国において入手不可能なため、ワールドボックスの顧客だけが利用できるものです。

ワールドボックスは組織構造、最新の会社所有権や関連企業情報などを含めた総計1000万以上の事業記録を英語、仏語、独語、伊語で 552;供しています。

顧客は国際的顧客、サプライヤー監視、輸出信用リスク保険、M A デューデリジェンス、贈賄防止およびコンプライアンス管理を含む 複数の部門にわたり、ワールドボックスの提携企業及び現地エージェントからなるグローバルネットワークにより、情報を収集することが 391;きます

当社のヨーロッパにおける事業はスイスを本拠地として、イギリスやオランダ、ポーランドに支局を展開しており、40年に渡る事業研究 076;験を活かした品質管理チームからなります。アジア地域においては、ワールドボックス香港支局、インドのデータ収集局が迅速な事業研究 報告を行っています。

ワールドボックスは、ビジネス、デューデリジェンスと信用情報 のグローバルプロバイダーとして20年以上事業を展開し、特に発展途上地域における発見しにくい企業情報を収集することに特化してい 414;す

調査・アドバイザリーが専門のアウトセル社は、ワールドボックスを金融、クレジット、法的、ガバナンス、危機管理、コンプライアンス 561;の調査報告における「新興かく乱企業」と定義し、「クロスボーダー情報の最大手プロバイダーとして、ブランドエクイティーにおいて急 激に成長する企業」と評価しています。